本文へスキップ

ホームページ研究所は、ホームページの上位表示やお客様を集客する方法を考えるサイトです。

電話でのお問い合わせはTEL.0494-54-0981

〒369-1802 埼玉県秩父市荒川上田野959-1

内部要因seo対策

内部要因について

ホームページ作成のSEO対策が成功するための秘訣を列挙していきます。 検索エンジンは、ホームページの「内部要因」と「外部要因」を評価します。 「内部要因」とは、HTMLの文法、キーワードの出現頻度等であり、「外部要因」とは、被リンクをいいます。 これらをそれぞれ最適化していくことにより、上位表示に導きます。ここでは、簡単に内部要因対策を掲載しておりますので、作成の時に参考にしてください。簡単といってもとても重要なことです。

1)description:54〜103文字で調整して入力してください。

2)keywords:現在のアルゴリズムはページ内のキーワード含有率・個数はあまり見ていませんが、ページ内のキーワードポジションを重要視しております。キーワードの入れすぎに注意して8キーワード以内にしておきましょう。

3)タイトル:24〜31文字に調整してください。
※ここまでで1)2)3)の中には、目的のキーワードを必ず1個入れて統一してください。
たとえば、タイトルの中に「ホームページ作成」があれば、タイトルは「ホームページ作成」を使って24〜31文字以内にする。2)には「ホームページ作成」というキーワードをいれる。3)は、「ホームページ作成」を入れて54〜103文字以内に調整する。


4)総文字数:ホームページのページの中に入れている文章ですが、文字数を1900〜30610文字入れてください。キーワードに関する文字が多ければ多いほど良いみたいですが。無理に入れようとした文章はばれてしまいます。近年のロボットの能力はすさまじいものがあり、すべてチェックしますので普通の人が見てもわかりやすいように通常の文章のように作成しないといけないわけです。誰もが見て見やすく、より専門的な文章でわかりやすいといった感じがベストです。

5)1ページに対してのキーワード出現率:「2:1:1」になるようにしてください。

6)サイトテーマ:キーワードを文章に追加するか、ページタイトルディスクプリションにキーワードを入れる。

7)h1・h2タグ:目的のキーワードが前で9〜22文字で作成します。

8)サイト内のリンク:45〜66個なのですが、これは理想です。

9)サイト外のリンク:0〜6本です。相互リンクなどはNGとなり6リンクを超えた段階でマイナス評価となっていきます。

10)ページの構成:追加ページを作成する場合は2階層以内のページにして下さい。下にいくほど、評価されなくなりキーワードで上がりにくくなります。

11)アンカーテキスト:通常は「このページの先頭へ」となっているのが多いのですが、これをもっとわかりやすく変更してください。

12)ホームページ作成ソフトがビルダーの場合は、ページが完成したら「ツール」→「HTMLクリーンアップ」を必ず行ってタグを綺麗にして下さい。すべて消すのではなく消してもページの見栄えが変わらない無駄なタグだけを消して下さい。

上記の事を頭に入れながらページを作成してください。これはとても重要なことなので、すべてクリアーしていると、そのページは内部対策は70%くらいまではOKだと思ってください。あとは、外部要因となってきますが、そちらは、上位表示のページを参考にして下さい。


shop info店舗情報

ホームページ研究所

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野959-1
TEL.0494-54-0981
Mail.お問い合わせ